Read thread

2015.08.09


谷口富美が手がけるトップス制作のブランド「Read thread」の展示が始まりました。
谷口さんは2007年よりニューヨークを拠点にミクストメディア作家として活動されていました。
2015年より拠点を京都に移し「Read thread」を立ち上げられ、今回が帰国後初めての展示となります。

ブランド名「Read thread」には、糸を読むように丁寧に縫い、
線の動き・色を選出しながら一点一点制作している作家の思いが込められています。
Tシャツという媒体を使って、そこから形全体を彫刻制作をするように構築を意識しながらを見立て、
また模様となる線はドローイングしているような勢いのあるミシンの縫い線が特徴的です。

こちらのTシャツは、まるでボールペンで描かれたような線で縫われています。

ミシンの線によって生まれる生地の凹凸や、線が重なりあうことでできる立体的なシルエットも美しいです。

縫い方をかえることで浮き出てくる模様。

切り返しやタックが入るだけで印象も変わります。

無地の白Tシャツのようですが白糸の線が走っています。

また、それぞれのTシャツには名前もついています。

こちらの名前はbaseball。

もとは同じTシャツであっても、実にさまざまな新しい表情が作り出されるRead threadのTシャツ。
デザインも男女問わず着ていただけるものばかりです。
秋に向けての長袖やスウェットもご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧いただければと思います。
8月23日(日)まで。

Read thread Web site

ARCHIVES